脆弱性を利用した

パソコンを攻撃から守ろう

パソコンというものインターネットに接続して使えば、世界中と簡単に繋がることが出来てとても便利なものになります。このオンライン状態では自宅のパソコンが世界中と繋がっているので、便利な反面不安にもなるのではないでしょうか。 その不安な要素の一つが脆弱性(ぜいじゃくせい)を利用した攻撃だといえます。これによって大切なデータが盗まれてしまったり、パスワードが盗まれてしまってオンラインバンクからお金が消えたなどの恐ろしい体験談がそこかしこに載っています。 そのような被害にあわないためにするのが脆弱性対策です。インターネットが日常に欠かせないものとなっているので、その分、脆弱性対策も欠かせないものとなっています。

脆弱性にきちんと注意を向けよう

これらの脆弱性対策を利用するためにはある程度は自分で『脆弱性』にアンテナを張っていなければいけません。きちんと自分の使っているソフトを把握しておきましょう、重大な脆弱性対策があるとそれを作ったソフトウェア会社が告知をしてアップデートをしてくれます。 有名で使用者が多いソフトウェアは更新情報をソフト自身が受信して、パソコンの画面上に重大な脆弱性対策のアップデートがあることを知らせてくれる場合もあります。しかしアップデートを装ったおかしなソフトの可能性もあるのできちんと公式ホームページを見てからアップデートすると良いでしょう。 そしてOSのアップデートですが、これはいうまでもなくやって当たり前のことなので忘れないようにしましょう。